fc2ブログ
04 -<< 2024-05 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 -
 

肉牛問題について

最近汚染牛の問題がとりざたされていますが、これは肉牛が放射能に汚染されただけの問題ではありません。
これは汚染された肉牛だけに関心が向いていますが、本来日本人が肉を食べることの方に問題があるのです。

そもそも日本人は古来より米や五穀を主食として菜食をしてきました。その日本人の腸の長さは、体長の12倍と言われています。また肉食をしてきた欧米人の腸の長さは体長の9倍と言われています。
この差はどういうことでしょう。
肉食をすれば、その肉は腸の中で腐敗します。
分かりやすく言えば、腸の中の環境を設定した容器を作り、そこに肉を放置しておけば簡単にすぐに腐るということです。
その腐敗した肉から発がん物質が生成されることは知られています。
欧米人が腸が短いのは、その発がん物質が生成される前に排便する為です。
腸の長い日本人が肉食をすると、此の発がん物質が生成されても腸の中に残留します。
日本人が世界最先端の大腸ガン先進国であることがうなずけます。
また、菜食をすれば無数の腸内細菌が働いてたくさんの栄養素を作りだしてくれますが、肉食をしてもそれはありません。

また、草食動物は長距離を旅することができますが、肉食動物はすぐパテてしまいます。
性格も、肉食動物の獲物を狙うときの恰好を見ればわかりますが、物陰に隠れて潜んで獲物を狙い、狙うのも老いた動物や幼い動物を狙います。
はっきり言えば、堂々としていない性格となり、平気で相手に暴力を与えるような性格となります。
日本人はそんな肉食をせずに、五穀を中心とした中庸食をしてきたのです。

よって、世界でも例がないくらい道徳心があり、礼儀正しい民族として有り続けて来たのです。
現代の子供たちの異常な犯罪は、此の食事の問題が大きく関与しています。

また四足の動物は我々人間と霊的に近い関係にあり、その意味からいっても四足肉は食べないほうが良いのは言うまでもありません。
四足肉を食べることは、我々の体の霊体を汚すこととなるからです。
宮崎での一連の「口蹄疫(こうていえき)」の問題。
そして以前より指摘されている狂牛病の問題。
そして、福島での汚染牛の問題。
これらはすべて関連性があります。
それは、神様から、「お前たち日本人が食べるものではないんだよ」というメッセージと思えるからです。
「食をもっともっと見直さなければいけない」と考えなければならない時になったのではないでしょうか。

本当の健康とは、まず食事からだと思います。
『食』と書いて、人を良くすると読みます。
食事で健康はもちろん、性格も変わりますし、運命まで変わるといわれています。

私の料理本には、此の事がわかりやすく書いてあります。
スポンサーサイト



コメント

上機嫌

ご存知の通り、
今朝からちょっと多目?の御神酒をいただいて、
いつも以上にリラックスモードで仕事始められた事に感謝感謝。

『食』と書いて、人を良くする・・・勉強になりました。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR