fc2ブログ
04 -<< 2024-05 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 -
 

女性宮家について

女性宮家

巷では皇室世論調査なるものがあり、女性宮家を創設するという話題が持ち上がっている。
これは、そもそも家とは何か、家系とは何なのか、またどうあるべきなのかということを世の知識人たちがよく理解していないことが問題であり、またその情報を世間に撒きちらすマスコミに大きな問題があることを知るべきではあるまいか。
ではまず、そもそも家とは何なのか、家系とは何なのであろうか?
そのことを私達の家系で見てみてみれば、私達の祖先はどんな方も辿れば神に繋がる。
またその神から真っ直ぐに伸びた繋がりを家系と呼ぶのだ。
私達の先祖の魂は、その繋がりの中にいらっしゃるのである。
その繋がりを霊統と呼ぶのだが、どの家系であってもその霊統を継ぐのは男性と決まっている。
古来どの家系図を見ても、そこには男性の名しか載っていないのを見れば明らかである。
では女性はどうなのかというと、その家系を守る立場にあるのだ。
女性はその家系を守るために嫁に行き、継ぐべき子を産み育てるのである。
女性の体を見てみればわかるが、子を育てる下腹部の場所を子宮と言い、宮と名がつけられている。
これは神の子孫を育てる場所だからである。
また産まれる道を産道(参道)といい、ここでも神社と同じ名がつけられている。
母の体は神の名がつくのである。
母(はは)の言霊は、命の蘇りを司るという意味なのだが、子を産むということはその蘇りの力により、その家系を継ぐべき子を産み、その家系を守っていくのである。
母の力偉大なりということなのだが、近年男女平等なるものがまかり通り、この大切な役目を放棄する女性が増えて来ている。この為、多くの家系が継ぐべき男性を失い、やがて絶家となっている家が少なくない。そもそも女性の方が役目が男性よりも上なのだが、男性に並びたいというおかしな考え方から女性蔑視の考え方を、こともあろうに女性達から出たことにこの世の中がおかしくなった原因がある。少子化になったのもこのことに大きな原因がある。
私達の家系は、男はその霊統を継ぎ、女性はそれを絶やさないように護ることが役目なのである。
天皇家に於いても同じで、この霊統を継ぐ資格のあるのは、天孫降臨以来全て男性なのである。
女性しかその家に生まれなくなった家は、その家系に問題が起こっているという証なのである。
女性しか生まれない家は、その家系に変事が起こっていることに気づかねばならない。
天皇家に於いても然りであり、その皇統をもし女性が継いだとしても、天皇の主たる役目である宮中での祭祀はそれに代わることはできるはずもない。その祭祀の重要性を知るべきである。
また、その家系の問題は、その家の問題であり、他家の者がとやかく言う問題ではない。
また言える資格もないし、ましてや皇統に於いては、他の者がそのことを論じることさえはばかられなくてはならない。
知識人といっても、そのことを踏み越える資格のないことを肝に銘じなければならない。
私達の出来ることは、只管天皇家の安寧を神に祈ることではあるまいか。
一人一人の力は微力でも、日本国民全ての人が祈れば、必ずや天皇家に於いてもつぎつぎと男子が誕生し、天津日嗣が永遠に途絶えることがないのではあるまいか。
公平無私の大御心で、この日本を世界を守る役目の天皇が安寧である限り、私達の日本も素晴らしい国になることとなり、政治も経済も全てが安定してくるはずだ。
1人でも多くの方の祈りの力に期待する。
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 神道

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR