fc2ブログ
04 -<< 2023-05 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 -
 

ゲーム脳

ゲーム脳

ゲームを続けていると、その情報は運動情報だけなので、そのまま運動野に送られることとなります。
したがって、前頭前野の働き(善悪の判断・情動抑制など)は関係無く、運動野だけが働きます。
この状態が続くと、ゲームを続けている人の脳は前頭前野は余り発達せず、運動野だけが異常に発達するのです。
つまり人間性の欠如した状態が出来上がることになります。

怖いのは、この場合運動野に入る情報は二次元のものであり三次元(実体験)のものではないということです。
私達は三次元に生きています。
ゲームの中でボールが飛んできても実際に体に触れることはありません。
しかし、三次元の世界では、実際にボールは飛んでくるし触れることも出来ます。
したがって理性の元に判断し、情動抑制も出来るのです。

二次元世界で運動野のみ発達させてそのまま成長すると、善悪の判断無くすぐに行動に出てしまいます。学校で衝動的に友達をナイフで刺してしまったなどという行為も、この現れなのです。
普段外に出て、体で感じてスポーツをしていれば前頭前野が正しく働き、このようなこともない。
二次元で生きている現代の子供達がそのまま大人になれば、この世は大きく乱れることとなってしまう。

また1歳くらいの、まだ言葉が上手く話せない子に、テレビやビデオで大量に光視覚情報をインプットすると、その過剰な光刺激が脳に影響を与える。
極端な例では話せない子がいる。
テレビ・ビデオ・ゲーム携帯電話などを極力減らすことが大事であることは言うまでもありません。
これが将来の日本を良くすることに繋がるのです。
食事中のテレビやビデオも、大事な消化の働きを減退させる要因となります。
特に授乳中は厳禁である。

心や感性を育てるには、幼児期 児童期が非常に重要な時期です。
感性は、幼児期から五感を充分に刺激して、右脳を刺激しないと育たないのです。
イメージや感性をたくさん入れてあげることが子育てに最も重要なことです。
そうすると、三歳前後からは、表現力が豊かになってきます。
これが出来ていないと、その時期になってもロボット的にしか表現できなくなり、ソフトな感じを出せなくなってしまいます。
ゲームを続けていると、心は希薄となり、人間性を失っていくことを知っておくことです。

スポンサーサイト



コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR