fc2ブログ
04 -<< 2024-05 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 -
 
想定外


先の東北大震災や原発事故の時に流行った言葉が、「想定外(ありえないこと)」という言葉です。
この想定外という言葉は便利な言葉で、何事が起きても、いくらでもこの言葉さえ出せば言い逃れができます。
しかし、この想定外だからという言葉が勝手に独り歩きして、大事なことを見逃しているのも事実ではないでしょうか。
「将棋の世界は想定外の手で勝負がつく」という言葉があります。
この将棋の世界に限らず、この世の中は想定外のことばかりなのではないでしょうか。
発明や発見も想定外のことばかりであり、想定外のことが無ければ進歩はないのです。
ましてや自然界の中では想定外は当たり前であり、地震や台風が想定内で起こることなど無いのです。
原発の安全対策に、想定内の言葉が多用されていますが、想定外のことが起きても大丈夫なのが本当の安全対策なのではないでしょうか。
全てにおいて、想定外を想定内に考えれて、本当に想定内のことと言えるのではないでしょうか。

人の人生も想定外ばかりです。
その想定外のことばかりの人生を、逆に想定内の心を持って楽しむことができれば、何事が起ころうとも慌てることなく楽しむことができると思います。
人生はあり得ないことばかりであり、あり得ないことだからこそ、それに対応して人の能力は伸びるのだと思うのです。
想定外と言い放つのではなく、想定外を受けとめる姿勢が必要なのではないでしょうか。
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 言葉
「ありがとうございます」という言葉はよく聞く言葉ですが、その意味を知って使っている人は少ないと思います。
あるブログにこんな内容が書かれていました。
世界中で日本語ほどその意味の深い言葉はありません。
言葉は言霊となり、見えない世界を動かし、吉凶をも左右します。
その中でも「ありがとうございます」という言葉は特別な言葉です。
「ありがとうございます」の意味を説明しますと、「あ」は、簡単にいえば神を意味します。「り」は、渦を意味し、「が」は輝くことを意味し、「とう」は大宇宙の姿を作ることを意味します。
神の創造活動を意味します。
「ご」は、それが物質化することを意味し、「ざ」は、爽やかに響くことを意味し、「い」は、命を意味し、「ま」は、完全なという意味であり、「す」は、絶対の中心である。
つまり、「ありがとうございます」とは、「絶対なる神から生まれ輝きながら螺旋の渦とともに、現実のこの世に物質化して現れて、中心の神に戻ってはまた現れ、自然に循環している」という意味になります。
「ありがとうございます」で神様の働きを全部表していることになるのです。
「ありがとうございます」は、神様の働きを総称する言葉なのです。
神様との一体の自覚が、自然に与えられる、神秘不可思議な言葉なのです。
「ありがとうございます」は、幸福を呼ぶ大切な言葉なのです。
日々「ありがとうございます」を繰り返していると、不思議なことがいっぱい起こってきます。
神様は、私たちに幸せになってほしいと願っているのです。
  • このエントリーのカテゴリ : 言葉
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR