fc2ブログ
04 -<< 2024-05 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 -
 
いじめ問題については大きく報道されていますが、このいじめ問題の元凶は家庭内教育にあります。
確かに学校内での出来事なので、学校の在り方や教育委員会の在り方にも問題はあります。その学校や教育委員会のせいにしていては、このいじめ問題の解決にはならないのです。いくらいじめの調査をしても、いじめをしたとの結果のみを取り上げることとなり、肝心の原因を取り除くことにはならないのです。
そこに警察が介入すれば、犯罪者を作ることともなります。
何故こうまで日本は全てにおいて対症療法的に、事の本質には目を向けず、何かのせいにだけするようになったのでしょうか。
何かが日本人の心から消えていっているように思えてなりません。
そもそも、そのいじめをする子供達がなぜそのような心を持つようになったのかが重要なのです。いじめをしても罪悪感を持つことのない子供達が何故育ってきたのか、それは家庭内での育ち方に問題があるのです。この家庭内での心身の育ち方に大きく関係します。
それには次のような問題点があります。

① まず第一に、それは母親の考え方が一番大きな問題とされます。母親が常に夫と良好な関係を築き、人生をより良くする為の目標を持ち、常に笑顔で、感謝の心を持ち生活していると、子供はそれを習い、そのような人生を歩むようになります。
特に8歳までが、その子の将来を決める心の在り方を身につける期間とされています。母がそうあることがその子の将来を決めるのです。
夫を尊敬している母がいる家からは多くの偉人が出ていることも事実です。

② 次に食生活に問題があります。その大本が肉食と乳製品の摂取にあります。
野生の動物を見ればわかるように、草食動物はお互いに和を保ち、お互いを襲うようなことは決してありません。肉食動物は、常に他の動物を襲うことを目的とした生き方をしています。その襲う方法が卑劣なのです。物陰に身を潜め、獲物を待ちますが、その狙う相手は老いた動物か子供のような弱い動物なのです。決して堂々とした狩りの方法ではありません。
人間がこの肉食を続けていくと、やがてこの肉食動物の性格が身につくようになり、やがて攻撃的な性格となっていきます。つまり争いを好むような性格になっていくのです。
日本人は、古来より穀物中心(特に米)の菜食をしてきました。米は陰陽でいえば中庸となります。中庸は陰陽の中心です。陰陽の中心にある米を食べることは、心が中心を持つことになります。中庸食は心を安定させます。
肉食は陽性が強く、砂糖は陰性が強く、甘いものを食べすぎたり、肉食を続けていくと、心は陰陽の両端に揺れることとなり、中心を持てなくなります。
つまり心が不安定になることとなります。
日本人は、道徳心が強く、世界一犯罪の少ない国と言われてきたのは、この食生活が大きく影響していることだけは間違いがありません。
動物タンパクは体のバランスを壊します。
日本人なら、肉や乳製品から動物(異種)タンパク質を摂取するのをやめ、穀物中心のタンパク質を摂取しなければなりません。
米は日本人の心を日本人らしく育てます。

③ また最近問題になっているのにゲーム脳の問題があります。
TVゲームを続けていると善悪の判断のつかない心を作ってしまうという問題です。日本人の脳をを狂わせるゲーム開発はやめるべきなのではないでしょうか。相手を陥れたり、いじめたり、犯罪を犯したりしても、それをゲーム的にしか解釈できない心を育ててしまうのがゲームなのです。
人をナイフで刺してもそれに対して罪悪感を持たなくなった子供は、このゲーム脳のなれの果ての姿です。
この様な子供は、社会の中でも必ずトラブルを起こすようになります。

④ 幼き頃に芯を折られた木は真っ直ぐに育ちません。成長は止まり、歪んだような枝ぶりとなります。
幼き頃にこの様な目に合った子供は、木と同じように心の成長は止まり、またその心は歪んでしまいます。
何事にも歪んだ考え方をしてしまうようになります。

この様な問題点がいじめの原因の一つとされます。
重要なことは、このいじめ問題がこのまま続けば、日本国がおかしくなるということです。
子供達が、このいじめを平気で行うことを常としていると、大人になっても犯罪という認識の無い者となり、世の乱れの原因となります。
この国の将来を背負って行く存在となるべき者がこのありさまでは、国の行く末が危ぶまれます。
いじめを無くすることは、これからの日本の将来を明るくします。
その為にも、上記した①②③④点の問題を解決していかなければなりません。
この日本を良くしたい、美しくしたいという心があるならば、これらのことを心に止め置き、まずは、自らの家庭に於いてこれらのことを実践していってほしいものと願っております。

スポンサーサイト



この世の全てのものは波動により共鳴する

この世にあるものは、人であれ、物であれ、出来事であれ、あらゆるものは共鳴していることを御存知でしょうか。
その共鳴は全てに繋がりを作り、あらゆる現象の元を作っているのである。
「類は友を呼ぶ」ということわざがあるが、それは、この波動が共鳴するからなのであり、「朱に交われば赤くなる」ということわざがあるが、いずれかの波動の中に生活していれば、そこの波動が身に付き、そこでの常識が身につくからなのだ。
大事なのは、そこでの染まり方が問題なのである。
心がけの良くない家庭であれば、そこで育つとその波動が身につき人生を良くすることはできない。
幼き頃に身に付いた波動は、よほどのことのない限り消えないものである。
しかし、それを上回る強き波動の場に生活の場を求めれば、それを変えることも可能である。
素晴らしい人に出会い、その波動を受けることが出来れば、自然と自らの波動が良くなり、また人に良い影響を与えることのできることとなるのだ。
また、良き波動の場があればそこに出来る限り足を運ぶことだ。
人の人生は、どんな色に染まるかで決まると言っても良い。
夢や願望や目標などを掲げてみても、自らの波動がそれに応じなければ絵に描いただけとなる。
良き波動は、良き波動の仲間を呼び、良き社会を作る。
その先には、良き国を作ることとなるのだ。
いまの国会の中が良くならないのは、良き波動の場でないだけではなく、良き波動を持たない人たちが集まっているからだ。
もっとも、その議員を送り出した有権者が良き波動を持たないから、その共鳴する人を国会に送りだしたこととなるのではあるが。
私達は、常に心の波動を良きものにする努力を怠ってはならない。
良き波動が良き社会を作り、私たちの暮らしも良くするのだ。
その為にも、私達は良き波動を身につけなければならない。
その波動を身につける為には、
1. 正しい信仰心をもち、敬神の念の深いこと。
2. 何事にも感謝の出来る心を持つこと。
3. 人としてふさわしい食事をすること。
4. 嬉しい、楽しい、有難い、勿体ないという心を身につけること。
5. 心の中心をしっかりさせること。
良き波動の持ち主は、良き情報に意識を持ち、良く笑いながら会話をするようになるし、どんなことが起ころうとも、笑顔で対処できる心を持つ。
「ありがとうございます」と日々口に出す生き方をしようではないか。
昨年の暮れより約4カ月にわたり、手作りで念願のギャラリー翠明と和膳料理の教室を作り上げました。大工やら水道工事やら電機工事に内装工事に建具とすべて自分でやりました。
色々自分でやってみると、こんなに経費が安く出来あがるものかと感心させられます。
家は自分で建てた方が安くできるという事をまた実感しました。
今回は改造なので、その工事の一部を紹介させて頂きます。

IMG_0970.jpg

まず地鎮祭をしました。穴があいているのは、コンクリートだと大地のエネルギーが閉ざされるからです。深さは90cmあります。祭祀の後、この穴の中に鎮め物をします。祭祀の前は穴から冷たい風が吹いていましたが、祭祀の後は暖かい風が吹きあがってきました。

IMG_1010.jpg

上の写真は、私の木工作業所です。大工さん位の道具は揃っています。

翠明塾家改造

水道の配管が終わり、床張りを開始したところです。床は杉板を貼ることにしました。1月初めなので寒い為ストーブを背中に妻と頑張っています。

20120209_172940.jpg

床が張り終わり、階段も付け、壁も12ミリのコンパネを張って完成に近づいています。

20120302_233557.jpg

キッチンが設置されて、食器棚も設置しました。周りの壁には真っ白いクロスが張られ、玄関周りも形が見えだしました。

IMG_1194.jpg

キッチン上部の戸棚も完成し、全体にクロスも貼れました。照明も2部屋に6畳に4灯と10畳に9灯と十分すぎるくらい設置しました。

IMG_1321.jpg

工事がひと段落つき、私の絵画を展示しました。

IMG_1322.jpg

IMG_1317.jpg

玄関周りはこのように焼き杉の板を張り、竹垣をしました。こんな具合です。

IMG_1359.jpg

IMG_1336.jpg

竹垣の前には竹筒に花を植えて並べました。

IMG_1384.jpg

こんな具合に家を改造しての私の作品が出来ました。
いろんな方がこんなに何でもできるんですねと言います。
私は、できると思えば何でもできるよと言います。
人は出来ると思うことが能力なのです。
最初から何でもできる人はこの世には存在しません。
たった一言「じゃどうやれば」だけを思い、行動するだけなのです。
一度私の作品を見に来て下さい。
お待ちしています。
  • このエントリーのカテゴリ : 絵画
日本が危ない

戦後の日本は様々な紆余曲折を経て現在まで来ているわけだが、現在のその在り様はご存じのように政界を中心にして余りにも情けないことが続いている。
その原因は、押しつけ憲法のせいという人があれば、学校教育が日教組に乗っ取られたせいという人もいれば、国家のせいという人がいれば、家庭教育のせいという人も、実に様々な原因説を唱える。これらのことを通して言えるのは、今の日本人に共通しているのが、必ず誰かのせいにするということではあるまいか。
誰かのせいにするということはある意味では楽ではあるが、そうすることで、そのことの本質からはますます離れていくことになる為、問題解決するどころかもっともっとこの日本がおかしくなってしまうことに気づいていない。
本当の原因は何処なのかということだが、あらゆる原因の中でのその大元は家庭であることに間違いはない。
その家庭を見れば、先ず父がいて母がいて、祖父母がいて子たちがいる。
家庭での中心は父である。ちちとは、地(ち)であり血(ち)であり雷(いかづち」である。
父は大地にどっかと腰を据え、血のごとく生命の源となり、雷のごとく怖い存在であらねばならぬ。父の役目とは怖い存在であらねばならない。
また母は、命の蘇りの役目を果たし、その嫁いだ家を守るという大切な役目がある。
子育てに於いては、その大切な役目になるのが母親なのである。
子供は100%近く母をまねて育ち、父の影響はほとんどないとされている。
その父の影響は母を通してくるため、直接的に父の影響はほとんどないといっていい。
また子育てに於いて、味覚は3歳までに決まり、その人の人生観は8歳までに決まるという。8歳までに母が子供に対して何を見せ何を感じさせるかが、その子の人生を決めるのである。従って、母が責任感の無い人格ならば、子供も責任感の無い人格に育っていくこととなる。
今の政治において責任感の無い議員が多いのは、その政治家を育てた母の影響にある。
そんな母親ほど、自分の子育てはさておいて、学校教育のせいにしたりする。
確かに学校教育がしっかりしていれば、その中で経験する事柄からある意味人格形成に役立つことがあることはわかる。
しかし、その受け入れ方が良い母の影響を受けた子供と、悪しき母の影響を受けた子供とではまるで育ち方が違うのである。また母が夫を尊敬していれば、その子供は必ず父親を尊敬するようになる。世の偉人と称される人たちの生い立ちは必ず母が夫を尊敬しているのだ。そんな子供は、就職しても上司とうまくいくようになる。
つまり会社の役に立つ。
父を尊敬していないと、上司とうまくいかなくなるのだ。
当然そんな子供ばかりになれば、会社もその延長線上にある社会はおかしくなる。
母の在り方が子をいかようにも育て、また社会のありようも決めることとなるのだ。
夫婦仲が良いのが3代続けばその家の家運は上昇し、必ず優れた子が育つと言われている。いくら塾通いしても、馬鹿な母からは馬鹿な子が育つ。
夫婦仲良く、妻は夫を尊敬し、いつも素晴らしい生き方を目指す母親からは、素晴らしい子が育つ。日本を良くするも悪くするも母次第なのである。
女性宮家

巷では皇室世論調査なるものがあり、女性宮家を創設するという話題が持ち上がっている。
これは、そもそも家とは何か、家系とは何なのか、またどうあるべきなのかということを世の知識人たちがよく理解していないことが問題であり、またその情報を世間に撒きちらすマスコミに大きな問題があることを知るべきではあるまいか。
ではまず、そもそも家とは何なのか、家系とは何なのであろうか?
そのことを私達の家系で見てみてみれば、私達の祖先はどんな方も辿れば神に繋がる。
またその神から真っ直ぐに伸びた繋がりを家系と呼ぶのだ。
私達の先祖の魂は、その繋がりの中にいらっしゃるのである。
その繋がりを霊統と呼ぶのだが、どの家系であってもその霊統を継ぐのは男性と決まっている。
古来どの家系図を見ても、そこには男性の名しか載っていないのを見れば明らかである。
では女性はどうなのかというと、その家系を守る立場にあるのだ。
女性はその家系を守るために嫁に行き、継ぐべき子を産み育てるのである。
女性の体を見てみればわかるが、子を育てる下腹部の場所を子宮と言い、宮と名がつけられている。
これは神の子孫を育てる場所だからである。
また産まれる道を産道(参道)といい、ここでも神社と同じ名がつけられている。
母の体は神の名がつくのである。
母(はは)の言霊は、命の蘇りを司るという意味なのだが、子を産むということはその蘇りの力により、その家系を継ぐべき子を産み、その家系を守っていくのである。
母の力偉大なりということなのだが、近年男女平等なるものがまかり通り、この大切な役目を放棄する女性が増えて来ている。この為、多くの家系が継ぐべき男性を失い、やがて絶家となっている家が少なくない。そもそも女性の方が役目が男性よりも上なのだが、男性に並びたいというおかしな考え方から女性蔑視の考え方を、こともあろうに女性達から出たことにこの世の中がおかしくなった原因がある。少子化になったのもこのことに大きな原因がある。
私達の家系は、男はその霊統を継ぎ、女性はそれを絶やさないように護ることが役目なのである。
天皇家に於いても同じで、この霊統を継ぐ資格のあるのは、天孫降臨以来全て男性なのである。
女性しかその家に生まれなくなった家は、その家系に問題が起こっているという証なのである。
女性しか生まれない家は、その家系に変事が起こっていることに気づかねばならない。
天皇家に於いても然りであり、その皇統をもし女性が継いだとしても、天皇の主たる役目である宮中での祭祀はそれに代わることはできるはずもない。その祭祀の重要性を知るべきである。
また、その家系の問題は、その家の問題であり、他家の者がとやかく言う問題ではない。
また言える資格もないし、ましてや皇統に於いては、他の者がそのことを論じることさえはばかられなくてはならない。
知識人といっても、そのことを踏み越える資格のないことを肝に銘じなければならない。
私達の出来ることは、只管天皇家の安寧を神に祈ることではあるまいか。
一人一人の力は微力でも、日本国民全ての人が祈れば、必ずや天皇家に於いてもつぎつぎと男子が誕生し、天津日嗣が永遠に途絶えることがないのではあるまいか。
公平無私の大御心で、この日本を世界を守る役目の天皇が安寧である限り、私達の日本も素晴らしい国になることとなり、政治も経済も全てが安定してくるはずだ。
1人でも多くの方の祈りの力に期待する。
  • このエントリーのカテゴリ : 神道
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR